東京ヴェルディの2010年〜2019年を振り返ってみた

Pocket

東京ヴェルディの2010年〜2019年を振り返ってみた

東京ヴェルディデータ(2010〜2019)

<監督ごとにみてみると>

川勝良一監督とミゲル・アンヘル・ロティーナ監督時代は成績よかっただけにこの体制で昇格して欲しかった。一方、冨樫剛一監督と三浦泰年監督の時代は低迷期に。

<観客数をみてみると>

観客数の最高は2013年で三浦泰年監督の一年目の年。成績は奮わない年だったが監督のネームバリューと高原効果。

最低は2012年で川勝良一監督の3年目の年。成績が前年より落ちたのに加え、観客を呼べる選手が少なかったのが要因か。

<天候でみてみると>

パスサッカーへの影響か晴れ・曇りの成績が良く、雨は悪い。